●身体の硬化=心の硬化+思考の硬化

こんにちは。meguriaoi〜めぐりあおいオーナーのringela(りんじぇら)です。

最近、めぐりあおいのホームページを見てくださった方に

『プロ級の仕上がり!』

と大絶賛していただきました。

めぐりあおいのホームページは、オーナーが試行錯誤しながら構築しております。

自分の中ではまだまだの出来ではありますが、そのように褒めていただいてとっても嬉しいです^ ^

ありがとうございます。

30代〜50代の男女はともに、働き盛り。

仕事だけでなく子育てにも追われるし、とにかく忙しい方が多いです。

それに比例して運動量は減り、身体がカチコチになってリラクゼーションを利用する方も増えます。

そうして時々お身体をいたわることはとても大切なのですが、なかなか運動もマッサージも時間的にできないよーなんて方も多いです。

でも、自分の身体をメンテナンスしないと、意外なところで問題が起きることもあります。

『こころとからだはつながっている』

ということは、再三にわたりお伝えしていることですが、勝手に切り離してしまうと結構危険なんです。

体が硬くなると、心も硬くなりがち。

心が硬くなれば、凝り固まった考え方をしたり、頑固になったり、怒りっぽくなったりします。

それに気づかず年をとっていくと…

世間がどんどん狭まり、セルフネグレクトになったり、傲慢になったり。

孤立を深めてしまうことにもなりかねません。

本人は、実は助けてほしいと心の奥底では訴えている。

でも、助けの手を差し伸べられても、素直に受け取れなくなってしまうんですね。

ゴミ屋敷に住んでいる人だったり、最近テレビで話題になった「正論おじさん」もそうではないのかなあと思います。

私はこの2年傾聴を学び続け、傾聴1日講座®︎の講師の資格をいただき、最近は傾聴心理士の資格もいただきました。

『話を聞いてほしい』

『話が聴けるようになりたい』

そういう方に、すこしでも楽になっていただけるように尽力していくのはもちろんのことですが、

全ての人が素直にそう言えるとは限りません。

なので、硬化してしまった方への配慮や対応という課題に向き合うことも、同時に考えていきたいです。

だからといって、どうすればいいかさっぱりわからないので、今はできることを一生懸命やっていくだけではありますが。

✳︎

ご自身の心が硬化しないためにも、リラクゼーション傾聴セッション で、まずはご自身を見つめたり癒したりしてみてくださいね。

みなさまが楽に生きるための一歩になりますように。

おすすめの記事