●腕がぱんぱんに張って疲れてるの、気づいてますか?

こんにちは。meguriaoi〜めぐりあおいオーナーのringela(りんじぇら)です。

今日明日は、ヨガ数秘学の勉強で大阪にいます。

数字が持つ意味やエネルギーを知ることで、今は私自身を深掘りしている最中です。

とても奥深く、気づいていない潜在部分に触れられる日もそう遠くなさそう。

自己を知らないと不安や恐れに巻き込まれてしまいますが、知っているといつでもひとに寄り添えるようになれます。

これからお客さまに幸せになっていただくためにも、私は私のブレない軸を構築します。

✳︎

今週もたくさんの方にモニター施術させていただいてます。

そのなかで変わった体験があったのでお話しますね。

ホットストーンつきのロミロミ180分をモニターしていただいてる、Tさん。

4月から定期的にメンテナンスしています。

内容はいつも大きくは変わりませんが、おつかれ具合によって若干、施術の順序を変えたりしています。

ここ最近、Tさんは旅行などお出かけばかりだったこともあり、今回は肩背中のこりや腰の痛みも強く、脚のひえとむくみがとてもひどい状態でした。

なので、もちろん全身くまなくメンテナンスするのですが、今回は腕のマッサージを最後に回したのです。

脚は特にひどかったので重点的にトリートメントして、ひえも落ち着き、カチカチだったふくらはぎもふにゃふにゃになって、ラクになったのを実感していただいたその直後。

ズドーン!

それまでなんともなかった腕が、急に重たく、だるさを感じるようになりました。

「なんでだろう?さっきまでなんともなかったのに…」

と不思議がるTさん。

それはなぜかと言えば。

腕という部分は、身体の中でいちばん疲れを感じにくい場所だからです。

✳︎

腕といえば、身体の中でもずいぶん働き者ですよね。

肉体労働であっても、机上の仕事であっても。

通勤時には、鞄持って出かけ、電車ではスマホや本を持ち、運転すればハンドルを握る。

仕事ではキーボード叩いたりペンを持ち、お料理すれば包丁やフライパンも持つし。

などなど、何をやるにも腕を使います。

なので、腕が疲れないわけがないのです。

でも、身体を支える脚ほどの負担はない。

だから、腕の疲れはなかなか感じにくくなっています。

Tさんは、全身のこりがほぐれて疲れが取りきれたところで、取れていない腕の疲れに気づいたのです。

最後に腕をトリートメントしたら、スッと腕の疲れが取れて軽くなり、とても喜んでくれました。

✳︎

一般的な揉みほぐし店で腕のマッサージを施してくれるところはほとんどありません。

ですが、腕の疲れを放置することは、腱鞘炎など筋を痛める原因にもなるので、本当はよくないのです。

最近は、キーボードの打ちすぎで腱鞘炎になる方も多いんですよ。

腕が使えないととても不便な生活を強いられます。

たかが腕と侮らず、ちゃんとケアしてあげてくださいね。

meguriaoi 〜めぐりあおいでは、ロミロミを受けていただいたお客さまに、簡単なセルフケアをお伝えしています。

セルフケア用のアロマオイルもプレゼントします。

自身でもお身体に触れる機会を持つことで、身体の不調に早く気づき、体調管理にとても役に立ちます。

ご希望の方は、遠慮なくお申し付け下さいね。

おすすめの記事